忍者ブログ
ラグナ+PSU日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


お友達がバードを作るという事で、二極(A=D)と避けDS(D>A>I)の雷鳥がどう違うのかを自分なりにまとめてみようと思います。

ここでいう二極はDEX=AGI=99を意味し、避けDSはDEX99、AGI80~90前後、INT適当ぐらい。を意味します。

まずはダンサーの考察です。
そのうちバードもするよ。



まずはダンサーにおいて。

ダンサーはDEX99の時に矢リンゴ(+3)+タイツ(+1)+ニンブルグローブ×2(+8)を装備して集中力向上を使用したときにDEXが99+41になる補正込みDEX140になれます。
武器をアーバレストにして望遠鏡をつければ上段装備を自由にする事も可能です。

今はTheSignもあるので無理に装備をDEX140にしなくてもDEX130でアクセをTheSign×2にする事でDEX140とほぼ同程度の火力を維持する事も可能です。
Aspdが落ちたり矢撃ちの詠唱速度が下がったりしますけれど・・。

上に書いたとおりダンサーでDEX140をたもつのはちょっと厳しいわけです。
という事を前提に考察する事に。


まず両タイプの性能を見てみる。
(装備によって変わるけど今回は・・頭は矢リンゴ、靴装備はソヒー、鎧はロッダを付けている事にし、Lv99の時のシミュレーション。)

*二極*
HP4618 SP848 鞭Aspd179前後 弓Aspd177前後 回避237 HIT239 SP回復量11(/8秒)

*避けDS*(AGI80、DEX99、INT53)
HP4618 SP1154 鞭Aspd175前後 弓Aspd172前後 回避216 HIT239 SP回復量21(/8秒)

といったかんじ。

集中力向上は4分持続で70のSPを消費します。
4分間で二極は330、避けDSは630のSPを回復します。
常時集中を考えれば二極は260、避けDSは560のSPがあまるわけです。
この違いを狩場でどう活かせるかが生存や効率の違いになっていきます。

二極は回避があまる狩場ならイミューンを装備可能な事と、3体に囲まれても焦る事が無いというメリットがあります。

Aspdにおいてはマリシャス武器の回復速度に違いが出るかもしれません。
実際に使った事が無いのでこれは何とも・・・。
処理速度が速くなれば被弾が少ないと認識してるぐらい。でもこれ重要。

はじめにも書いたとおりDEX140到達は難しい。
二極も避けDSも錐アサや槍騎士やハンターにはソロでの効率はほとんど劣ります。
効率が強さの数値で無いと言っておきます。

おわり
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
RURU
性別:
女性
職業:
ダンサー
自己紹介:
まったり活動中。
ダンサー + ハンター。
BGM
忍者ブログ [PR]